NPO法人eばしょ結屋って?

障がいがあるこどもをレスパイトとして短時間でも預かることで、

介護や世話につきっきりになる家族に緊張感から離れ、休息してもらいたい。

そのわずかな時間により、笑顔でこどもと関わることができるのではないか。

介護や育児に行き詰ったとき、孤立せず、SOSを発信できる場となりたい。

 

2003年、そんな思いからアパートの一室で結屋は始まりました。

 

結屋、というと「何屋さん?おにぎり屋さん?」と言われることも

多々ありますが、結屋という場所を介して、人と人とのつながりが広がって

いくことを願ってその名がつけられました。

 

また、『eばしょ』の『e』には、居場所・いい場所・人にも環境にも

やさしい‘エコ’のeなど、たくさんの思いがこもっています。

 

                                                                    ー 結屋はみんなが主役 ―

こどもからお年寄りまで、障がいがある人もない人も、

ともに心豊かにくらしたいと思う人たちみんなの居場所です。

 

そんな開設当初の情熱や理想を忘れずに。

お互いに違いを認め合い、その人らしさを大切に。

 

人とひとを結ぶ、人と地域や社会を結ぶ、私たちは『結屋』としてこれからも様々な活動を行っていきます。


NEWS

TOPICS

UPDATE

平成30年5月30日

ブログを更新しました